サイトマップ ENGLISH


全国中学高校webコンテスト

無料素材倶楽部

Sublime Text

ソーシャルメディアの長所


ソーシャルメディアには次の8つの長所が挙げられます。
リアルタイムでの情報流通
専門家による知見を得られる
ゆるやかなつながり
現代社会における問題の解消
楽しさ
ビジネスに役立つ
地域とのつながり
災害対応とソーシャルメディア

1.N対Nでのリアルタイムでの情報流通

N対Nでのリアルタイムでの情報流通ソーシャルメディアには、他のメディアに無い『リアルタイム性』があります。ソーシャルメディアで公開される
リアルタイムの情報はほぼ生の情報です。もちろん、中継の方が完全に生の情報と言えますが、配信する
コストや見るための時間がかかります。ニュース記事などは手に取れば情報を得るのに時間はかかりませんが、
記者のバイアス(載せる側の偏った意見など)がかかることが多いです。
つまり、ソーシャルメディアを駆使した情報流通は、リアルタイム性保有と読む時間短縮の新しい手法なのです。



考察


これは、情報流通の新しい手法だね!
正しい情報と誤った情報の区別の区別は大事だ。
けれども、コストもかからず、時間短縮の情報ってすごい!
中川



補足

tsudaり


ちなみに、Twitter(ソーシャルメディアの一つ。これについて詳しく知りたいならSNSのしくみへ)で社会的重要度の高い
カンファレンス(会議や会見)などを中継のように情報を発信することを『tsudaり』と言います。



2.専門家による知見を得られる

専門家による知見を得られる
ソーシャルメディアでは、専門家による多角的な情報を入手することが出来ます。例えばTwitter(ソーシャルメディアの一つ。これに
ついて詳しく知りたいならSNSのしくみへ)で、ある専門家のアカウント(Twitterで
使う『自分』。Twitterについて詳しく知りたいならSNSのしくみへ)をフォロー
(Twitterで、その人の投稿内容が自分のタイムラインで見えるように設定すること。Twitterについて詳しく知りたいなら
SNSのしくみへ)するとします。Twitterでは情報そのものでなく発信した人をフォロー
するので、予想と違った情報が発信される場合も多いでしょう。しかし、これが多様な情報との偶然の出会いをもたらします。予想とは
違っても、考えもつかなかった考え方を学んだり、違う方向から見た情報を得たりすることが出来ます。また、予想していたような情報
を求めて色々な専門家をフォローすることで、色々な角度から見た情報、考え方が得られるようになります。このように、ソーシャルメディア
は専門家の知見を得、色々な考え方が出来る人間を構成することが出来ると言えます。



3.ゆるやかな繋がり

ソーシャルメディアはローカルの壁から人を解放することが出来ます。ソーシャルメディアは、自分の知らない人と知り合い、
交流することで、ゆるやかに繋がることが出来るツールと言えます。



4.現実社会における問題の解消

ソーシャルメディアが人と人を結びつけ、その絆を深め、現実社会においての身近な不安や問題を解決することで、人と人と
が支え合えるようになります。実際に、ソーシャルメディア利用によって自分・または自分の家族などの進学・就職などの問題
が解消したという例は数多くあります。



5.楽しさ

ゆるやかな繋がり・現実社会における問題の解消
ただ「楽しい」!
では、具体的にどういうところが楽しいのかと言うと、


●同じ趣味の人を見つけ、その人とそれについてたくさん語ることが出来る

●友達と常に繋がっている感覚を持てる

●自分の発言に反応が来て嬉しい

●グループやコミュニティなどを作り、仲の良い友達とより深く話が出来る

『オフ会』(ソーシャルメディアを利用して知り合った人と実際に出会うもの)

など、様々な楽しみ方があることがわかります。
つまり、ソーシャルメディアは利用者に楽しさをもたらすことが出来るということです。



6.ビジネスに役立つ

また、ソーシャルメディアは、使い方次第でビジネスにも役立ちます。
具体的に場合を分けてまとめてみました。


●就職活動にソーシャルメディア

ソーシャルメディアは就職活動にも活用できます。ソーシャルメディアでは、履歴書では
伝え切れないその人の人間性や趣味、ライフスタイル(生活様式)など、
個人の素性を明らかに出来るため、採用試験に取り入れ始めている企業も急増しています。


●口コミが波及する ビジネスに役立つ

ソーシャルメディアは誰でも使える反面、口コミの波及力が
検索エンジン(ユーザーのリクエストに応じて検索サービスを提供するウェブサイト)などと比べてかなり
早いので、キャンペーン告知などにはかなり有効的に使用
することが出来ます。


●顧客の意見を聞きやすい

ソーシャルメディアを活用し、ユーザー(利用者)と商品開発をしたり、
クレーム(不満を持つ顧客による苦情)を監視し、いち早くクレームの改善んを
処置することで、より多くの顧客に愛される企業作りを可能にすることが出来ます。ソーシャルメディアでは、顧客から
早く、本音の詳細なフィードバック(評価結果)が得られ、
また、そうすることで消費者と深い関わりを持つことが出来るので、
結果的に顧客の意見を聞きやすくなります。実際に、大手コンビニ会社や電話会社など
もこのような手段をとっています。


●企業も個人も変わらないブランディングが出来る

今までは企業が、テレビや新聞と言った宣伝効果が高いと
考えられていたマス・メディア(テレビや新聞などのメディア)に多く広告宣伝費をかけて
ブランディングを行っていましたが、今ではマーケティング費用(企業の商品の広告・宣伝などに使う費用)より顧客
に対して誠実に商品を提供する企業が勝者となる時代なので、前記の通り、顧客の意見をより反映
できるソーシャルメディアを活用して宣伝する企業が名を上げてきています。



7.地域との繋がり

地域との繋がり ソーシャルメディアの一つ『地域SNS』(ソーシャル
メディアの一つ。これについて詳しく知りたいならSNSのしくみへ)を利用
することで、地域との繋がりを持つことが出来ます。地域の顔の見える関係性だからこそ、しっかり双方向のやりとりが出来ます
し、また狭いからこその良さ、安心感があります。また、
地域情報をしっかりと蓄積出来、それを実社会でも共有出来る
点も、長所と言えます。実際、地域SNSの利用者からも「老後の暮らし
に希望が持てた」などの声があります。



8.災害対応とソーシャルメディア

災害対応とソーシャルメディア ソーシャルメディアはリアルタイム性のある便利で重要な情報網である
ため、東日本大震災後災害対応に関する情報発信のため
に多くの機関がソーシャルメディア活用を始めています。


インタビュー記事
インタビュー記事
私達は、ソーシャルメディアの長所について、運営側の意見
を実際にインタビューしに行きました。

楽しく、また色々な面でも利便性のあるソーシャルメディアは、
例えば誰かの新しいアイデア開発を助けたりと言ったたくさんの可能性を秘めていると考えられる

と言うことです!



引き続き、「短所のページ」に進んでください。

短所のページへ
長所・短所のページトップへ トップへ



Copyright ©ソーシャルメディアを知ろう! - All Rights Reserved