サイトマップ ENGLISH


全国中学高校webコンテスト

無料素材倶楽部

Sublime Text

利用状況の分析

1.利用者 2.年代別でみる利用者 3.種類別の利用率 4.ソーシャルメディア利用に使われる機器 5.まとめ

1.利用者

ソーシャルメディアの利用者は、左下の標本調査により全国で42.9%とされています。その中での利用実態は右下の通り、ソーシャルメディアを『一つだけ利用している』が17.5%、『複数利用している』が25.4%で、『複数利用している』が利用者の6割を占めています。
また、ソーシャルメディアを利用していない57.1%の中では、右の図の通り『利用したことがあるが今はしていない』が10%、『したことがない』が47.1%でした。

図2 図1












考察

ソーシャルメディア非利用者の中で、「利用したことがあるが今はしていない」が10%、「したことがない」が・・・。一度始めたらやめられないんじゃないかな。





2.年代別で見る利用者

図3ソーシャルメディアの利用者を右で年代別に見ると、10代では71.7%、60代では22.3%と、現在の利用率には年代で大きな差があることがわかります。
また、右の図4を見ると10代の中で約7割がソーシャルメディアを複数利用していますが、60代の中でのソーシャルメディアの複数利用は約半分でした。







まとめ

ソーシャルメディアは若年代ほど、利用率が高く、複数利用の割合も高い。








3.種類別の利用率

続いて、ソーシャルメディアの種類別の利用率を全体、また世代別と性別で見ていきます。また、利用されているソーシャルメディアの種類の組み合わせについても見ていきます。ソーシャルメディアの種類については

ソーシャルメディアのしくみ

に詳しく載っています。


図4ではまず、全体で見ていくと、右の図の通り、SNSがトップで75.2%、ブログが54.8%、Twitterが50%、ネット掲示板が33.1%、地域SNSが17.6%、ミニブログが16.1%という分布です。










考察

SNS、ブログ、Twitterの利用率が高いね










図5では次に、世代別(若年層‥10~30代、中年層‥40~50代、高年層‥60代以上)で見ていきます。右の図4の通り、SNS、Twitter、ミニブログは若年層の利用率が他の世代に比べて高く、また地域SNSは高年層の利用率が高く、ネット掲示板は中年層の利用率が高く、ブログは世代間で利用率に大きな差は見られませんでした。










図6次に、性別で見ていくと、右の図の通り、男性の利用率が女性の利用率よりもおおむね高く、特にTwitter、ネット掲示板などにその傾向が見られます。一方、ブログは女性の利用率が男性の利用率よりも高く、ミニブログについてはあまり性差は見られませんでした。



また、利用されているソーシャルメディアの種類の組み合わせについて見ていくと、下の図の通り、SNSの単独利用、SNS、ブログ、Twitterの併用、SNSとTwitterの併用、ブログの単独利用などがありました。




図7





考察

地方SNSやネット掲示板、ブログなどは、若年層以外でも多く利用されているんだ。意外。






ソーシャルメディア利用に使われる機器


図8ソーシャルメディア利用の際に使用されている機器ですが、右の図の通り、どの年代においてもパソコンを主とする場合が大きいです。しかし、若年層ほどパソコンを主とする場合の割合が下がり、携帯電話やPHS(簡易的な携帯電話。近距離の連絡用や長電話に適している。)、スマートフォンといった、モバイル端末(持ち運ぶことができる情報端末装置のこと)を利用する割合が大きくなっています。
とりわけ、10代の半分近く、20代の約3分の1がソーシャルメディアを利用する際にモバイル端末を使用しています。これらの世代は、モバイル端末でのソーシャルメディア利用が一般化している傾向にありますね。




まとめ


この結果から、
どの年代でもソーシャルメディア利用の際パソコンを主に利用するが、若年層ほどモバイル端末を主に利用する傾向にある。
とまとめられます。



補足


『スマホでネット』について

2011年から2012年にかけて、スマートフォンの保有率は1.7倍、つまり約倍増しました。それに伴い、『スマートフォンでインターネットを利用する』人々が2011年からほぼ倍増しました。
また、従来の携帯電話でインターネットを利用する人は9.3%減りました。

考察

スマートフォンが普及し、インターネットをスマートフォンでやる人が増えたから、ソーシャルメディアをスマートフォンでやる人が増えたんじゃない?








5.このページのまとめ

ソーシャルメディアは若年層ほど利用率が高く、複数利用しており、SNS、Twitter、ミニブログの利用率が高い。また、若年層の中でソーシャルメディアをモバイル端末で利用することは一般化してきていると言える。
ソーシャルメディアのN対Nでのリアルタイムでの情報流通は、利用場所を問わず、スキマ時間も使用可能なモバイル端末をより多く使い、また複数のソーシャルメディアを使いこなす若年層に牽引されている。




このページは以上です。閲覧ありがとうございました。
次は、ソーシャルメディアの長所短所です→GO!

※図3~7は総務省ホームページより引用


ソーシャルメディアの歴史へ トップへ ソーシャルメディアの長所と短所へ

Copyright ©ソーシャルメディアを知ろう! - All Rights Reserved